感染症対策について

【新製品】子どもにおすすめ!メガネフレームのご紹介

前回の記事内で、子どもメガネを選ぶ際に大切なことは
①眼科受診②フレーム選び③レンズ選び
この3つである、とお話しさせていただきました。

今回はその②フレーム選びにフォーカスして、
実際にどんな”フレーム“が良いのか、おすすめなのか、
をご紹介していきたいと思います。

こどもメガネフレームに大切なことは、

  1. 壊れにくい、変形しにくい、歪みにくいフレーム
  2. 軽量なフレーム
  3. 調整(フィッテング)しやすいフレーム
  4. デザインを気に入っているフレーム

この4つになります。

詳しい説明は、前回の記事【重要】子どものメガネ、どうやって選ぶ?をご参照ください。

今回は先月(2021年4月)入荷したばかりの2ブランドをメインにご紹介していきます。

目次

1.frontosa(フロントーサ)

まず一つ目のブランドは、福井県福井市に本社を置く”株式会社オナガメガネ”の人気ブランド

「frontosa(フロントーサ)」です。

こちらのブランドは、100%MADE IN JAPANの商品です。

【100%MADE IN JAPAN】と【MADE IN JAPAN】は全く別物です。

【100%MADE IN JAPAN】とは、小さなネジの一つから全て日本製という意味です。

この【100%MADE IN JAPAN】というオリジナルマークを作ったのは、このフロントーサを作ったオナガメガネの社長様です。

社長はある時、「市場に売られている”日本製”のメガネの一部は、部品を海外で作って組み立てだけを日本でしている。」

という事実を知り、愕然としたそうです。

「ロー付け・組み立ての最終工程が日本であれば”MADE in JAPAN”の刻印を押すことが出来る」のです。

その事実を知ってから、「お客さまに嘘をつきたくない。メガネを作る部品の全てが日本製でこそ「MADE in JAPAN」と言えるのではないか」

という思いから、お客様が安心して日本製のメガネを選べるようにと【100%MADE IN JAPAN】という商標登録をしたオリジナルマークを製作しました。

具体的な【100%MADE IN JAPAN】フレームの良さとは

よく靴やバッグ、アパレルの業界、その他のいろんな産業で「モノづくり大国」日本の製品は質が高い!と言われ、

実際に使ってみると、壊れにくかったり、使いやすかったり、という経験をした方は多くいらっしゃると思います。

では、メガネフレームにおける日本製の魅力は何なのでしょうか。

オナガメガネの社長様は、こうおっしゃっています。

  • 材料の質(調整しやすさ、破損しにくい、軽量)、色の豊富さ、シルエットなどの質が高い
  • はがれにくいメッキ(長持ちする)
  • ゆるみにくい特殊なネジ(メンテナンスの負担)
  • 光沢、色の豊富さ、シルエットなどの質が高い(デザイン性)

日本のメガネ産業を支える鯖江の技術は、世界的にもナンバーワンといわれています

そこで誕生したオナガメガネの代表的なブランド「フロントーサ」

フロントーサシリーズは、子ども~大人・婦人用~紳士用まで幅広いシリーズが揃っています。

おすすめしたいポイントは複数ありますが、フロントーサの一番優れていると私が感じているのは耐久性です。

肌感覚になってしまいますが、長く使っていただける可能性が海外商品と比べるととても高いです。

「ゼロ」ではありませんが、破損でお持ちになるお客様が少ないです。

また、仮に踏んでしまったり、ぶつかってしまったり、その他のトラブルでフレームが曲がってしまった時も、

修復できる可能性が高いです。

前回の記事にも書いた「子どもメガネにおける丈夫さ」はとても大切です。

その点が優れているフロントーサはとてもおすすめです。

2.Nike(ナイキ)

2つ目にご紹介するブランドは、みなさんご存知Nikeです。

『誰もがみんなアスリートだ。アスリートが存在する限り、ナイキも存在する。』というビル・バウワーマンの言葉をもとに成長し続け、世界最大のスポーツ&フィットネス会社となりました。

Nikeといえば、ウェア・シューズ、各スポーツ用品、たくさんの商品を手がけていますが、メガネの存在はあまり知られていなかったりしますよね。

フロントーサほどの”丈夫さ”や国内生産ではないものの、さすが世界的ブランドのNike。

当店では欠かせない人気ブランドです。

その理由をまとめてご紹介します。

おすすめポイント

1.軽量◎

とにかく魅力は軽量なところです。

お子様でも負担を感じにくい、軽量で耐衝撃性に優れた樹脂素材がフレーム全体に採用されています。

2.調整のしやすさと掛け心地◎

軽い=掛け心地が良い、ではありません。

Nikeのフレームは、テンプルに芯金を入れることで細かな調整もしっかりとできるようになっています。

また、ラバー素材のテンプルは長時間の装用でも肌当たりが優しく、グリップ力も良いです。

良い素材と調整のしやすさが合わさり、かけ心地の良いフレームとなってます。

3.ノーズパッド◎

ノーズパッドにもこだわりがあります。

Nikeフレームのノーズパッドは2種類あります。

フロント部分がメタルであれば、調整可能なグースネックノーズパッドで、お一人おひとりのお顔の合わせたフィッテングが可能です。

プラスチックであれば、ラバー素材のノーズパッドで、長時間の着用でも痛みを感じにくく、お子様の運動時にもずれにくい特徴があります。

ズレやすい・下がりやすいメガネは、レンズの光学性能をしっかり発揮できず、視野を狭めたり、度数の矯正効果に差異が生じたりします。

「ズレにくい」という点は、私のNikeフレーム一番のおすすめポイントです。

まとめ

 以上が、子どもメガネを選ぶ際に大切なポイント

  • 丈夫(フロントーサ◯)
  • 軽量(フロントーサ◯・Nike◯)
  • 調整しやすいフレーム(フロントーサ◯・Nike◯)

を抑えた、新製品の紹介でした。

当店には、他にも多くのメガネフレームを取り揃えています。

子どもメガネを選ぶ際に大切な、最後4つ目ポイント、

「お子様が気に入ったフレーム(を選ぶ)」

もきっと見つけることができると思います。

ぜひ、お子様のメガネをお探しの際は、当店へお越しくださいませ。

スタッフ一同お待ちしております。

子どもメガネの選び方を知りたい方は、
ぜひこちらの【重要】子どものメガネ、どうやって選ぶ?もご参照くださいませ。 

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる