メニュー

安心のケアサービス メガネ選びのヒント 遠視近視乱視について コンタクトプラザDo
              

お知らせ

2021-05-14 09:50:00

 

前回の記事内で、子どもメガネを選ぶ際に大切なことは

 

①眼科受診②フレーム選び③レンズ選び

 

この3つである、とお話しさせていただきました。

 

 

今回はその②フレーム選びにフォーカスして、

 

実際にどんな"フレーム"が良いのか、おすすめなのか、

 

ご紹介していきたいと思います。

 

 

 

メイン画像.jpg

 

 

こどもメガネフレームに大切なことは、

 

 

1.壊れにくい、変形しにくい、歪みにくいフレーム

 

2.軽量なフレーム

 

3.調整(フィッテング)しやすいフレーム

 

4.デザインを気に入っているフレーム

 

 

この4つになります。

 

詳しい説明は、前回の記事【重要】子どものメガネ、どうやって選ぶ?をご参照ください。

 

 

今回は先月(2021年4月)入荷したばかりの2ブランドをメインにご紹介していきます。

 

 

1.frontosa(フロントーサ)

 

フロントーサ600の完成.png

 

まず一つ目のブランドは、福井県福井市に本社を置く"株式会社オナガメガネ"の人気ブランド

 

「frontosa(フロントーサ)」です。

 

 

こちらのブランドは、100%MADE IN JAPANの商品です。

 

【100%MADE IN JAPAN】と【MADE IN JAPAN】は全く別物です。

 

 

company_image.gif

 

 

 

 

【100%MADE IN JAPAN】とは、小さなネジの一つから全て日本製という意味です。

 

この【100%MADE IN JAPAN】というオリジナルマークを作ったのは、このフロントーサを作ったオナガメガネの社長様です。

 

社長はある時、場に売られている"日本製"のメガネの一部は、部品を海外で作って組み立てだけを日本でしている。」

 

という事実を知り、愕然としたそうです。

 

「ロー付け・組み立ての最終工程が日本であれば"MADE in JAPAN"の刻印を押すことが出来る」のです。

 

その事実を知ってから、「お客さまに嘘をつきたくない。メガネを作る部品の全てが日本製でこそ「MADE in JAPAN」と言えるのではないか」

 

という思いから、お客様が安心して日本製のメガネを選べるようにと【100%MADE IN JAPAN】という商標登録をしたオリジナルマークを製作しました。

 

 

 

・具体的な【100%MADE IN JAPAN】フレームの良さとは

 

 

 shutterstock_77550043.jpg

 

 

よく靴やバッグ、アパレルの業界、その他のいろんな産業で「モノづくり大国」日本の製品は質が高い!と言われ、

 

実際に使ってみると、壊れにくかったり、使いやすかったり、という経験をした方は多くいらっしゃると思います。

 

では、メガネフレームにおける日本製の魅力は何なのでしょうか。

 

オナガメガネの社長様は、こうおっしゃっています。

 

 

1.材料の質(調整しやすさ、破損しにくい、軽量)、色の豊富さ、シルエットなどの質が高い

 

2.はがれにくいメッキ(長持ちする)

 

3.ゆるみにくい特殊なネジ(メンテナンスの負担)

 

4.光沢、色の豊富さ、シルエットなどの質が高い(デザイン性)

 

 

 智の部分.pngF内側.pngFクリングス.png

 

 

 

日本のメガネ産業を支える鯖江の技術は、世界的にもナンバーワンといわれています。

 

そこで誕生したオナガメガネの代表的なブランド「フロントーサ」

 

フロントーサシリーズは、子ども~大人・婦人用~紳士用まで幅広いシリーズが揃っています。

 

おすすめしたいポイントは複数ありますが、フロントーサの一番優れていると私が感じているのは耐久性です。

 

肌感覚になってしまいますが、長く使っていただける可能性が海外商品と比べるととても高いです。

 

「ゼロ」ではありませんが、破損でお持ちになるお客様が少ないです。

 

また、仮に踏んでしまったり、ぶつかってしまったり、その他のトラブルでフレームが曲がってしまった時も、

修復できる可能性が高いです。

 

前回の記事にも書いた「子どもメガネにおける丈夫さ」はとても大切です。

 

その点が優れているフロントーサはとてもおすすめです。

 

 

 2.Nike(ナイキ)

  

NIKE.png

 

2つ目にご紹介するブランドは、みなさんご存知Nikeです。

 

『誰もがみんなアスリートだ。アスリートが存在する限り、ナイキも存在する。』というビル・バウワーマンの言葉をもとに成長し続け、世界最大のスポーツ&フィットネス会社となりました。

 

Nikeといえば、ウェア・シューズ、各スポーツ用品、たくさんの商品を手がけていますが、メガネの存在はあまり知られていなかったりしますよね。

 

フロントーサほどの"丈夫さ"や国内生産ではないものの、さすが世界的ブランドのNike。

 

当店では欠かせない人気ブランドです。

 

その理由をまとめてご紹介します。

 

 

・おすすめポイント

 

 

 

1.軽量◎

 

 智ナイキ.png

 

とにかく魅力は軽量なところです。

 

お子様でも負担を感じにくい、軽量で耐衝撃性に優れた樹脂素材がフレーム全体に採用されています。

 

 

 2.調整のしやすさと掛け心地◎

 

 

 NIKE¥オール.png

 

 

軽い=掛け心地が良い、ではありません。

 

Nikeのフレームは、テンプルに芯金を入れることで細かな調整もしっかりとできるようになっています。

 

また、ラバー素材のテンプルは長時間の装用でも肌当たりが優しく、グリップ力も良いです。

 

良い素材と調整のしやすさが合わさり、かけ心地の良いフレームとなってます。

 

 

3.ノーズパッド◎

 

 

 クリングス.png

 

 

 

ノーズパッドにもこだわりがあります。

 

Nikeフレームのノーズパッドは2種類あります。

 

フロント部分がメタルであれば、調整可能なグースネックノーズパッドで、お一人おひとりのお顔の合わせたフィッテングが可能です。

 

プラスチックであれば、ラバー素材のノーズパッドで、長時間の着用でも痛みを感じにくく、お子様の運動時にもずれにくい特徴があります。

 

ズレやすい・下がりやすいメガネは、レンズの光学性能をしっかり発揮できず、視野を狭めたり、度数の矯正効果に差異が生じたりします。

 

「ズレにくい」という点は、私のNikeフレーム一番のおすすめポイントです。

 

 

 以上が、子どもメガネを選ぶ際に大切なポイント

 

 1.丈夫(フロントーサ◯)

 2.軽量(フロントーサ◯・Nike◯)

 3.調整しやすいフレーム(フロントーサ◯・Nike◯)

 

を抑えた、新製品の紹介でした。

 

当店には、他にも多くのメガネフレームを取り揃えています。

 

 

キッズコーナーのコピー2.png

 

 

子どもメガネを選ぶ際に大切な、最後4つ目ポイント、

 

「お子様が気に入ったフレーム(を選ぶ)」

 

もきっと見つけることができると思います。

 

ぜひ、お子様のメガネをお探しの際は、当店へお越しくださいませ。

 

スタッフ一同お待ちしております。

 

 

子どもメガネの選び方を知りたい方は、

ぜひこちらの【重要】子どものメガネ、どうやって選ぶ?もご参照くださいませ。 


2021-04-30 15:00:00

 親子メガネ.jpg

 

 

 年度が新しくなり、園や学校での身体測定や検診を終えてくるこの時期。

 

 

「あれ?視力表が見づらい!」

 

「眼科で再検査をお勧めします。」・・・さて、どうしますか?

 

 

 “できればメガネはかけさせたくはない。”

 

“そのうち視力が良くなるかもしれない。”

 

“掛けさせたいけど、子ども用のメガネって高いからちょっと・・・。”

 

 

 

様々な理由でお子様のメガネデビューを躊躇しているお父様お母様もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

今回は、

そんなお子様のメガネを考える上でぜひ気を付けていただきたいことを紹介します。

 

 

 

 

  とにかくまずは眼科専門医を受診

 

 

 

子供の¥視力検査2 (1).jpg

 

 

眼科受診の目安は0.7です。

 

 

あまり低くないと思われた方もいるかもしれませんが、幼少期の子どもの視力は、「よく見える」という経験を繰り返しながら徐々に発達していきます。

 

この時期に、目に合わせて適切に補正されたメガネを装用することで、「よく見える」経験を積むことができます。

 

見えない状態のまま放置したり、合わないメガネを装用したりすることは、眼球の発達途上である子どもにとって望ましいことではありません。

 

適切なメガネは視力の発達を促すだけでなく、必要な視覚情報を取り入れる窓口となります。

 

たくさんのものに興味を持ち、たくさんのものを見て成長する大切な幼少期。

 

この時期に、眼科医の診断に基づく処方箋から確かな知識と技術のあるメガネ店で適正なメガネを購入されることをお勧めいたします。

 

 

 

 

  フレーム選び

 

 

 

adobiフレーム.jpeg

 

 

 

 

【サイズ】

 

 

子どもの成長は早いからと少し大きめのフレームを選ぶのは注意が必要です。

 

サイズが合っていないとメガネは下がってきます。

 

下がることによって度数も変化し、見えにくく、使いにくくなり、更にはお子様がメガネを嫌って、掛けなくなってしまう可能性もあります。

 

また、サイズの合ったメガネを掛けるということは、掛け具合の心地よさだけでなく、レンズの光学性能を発揮する上でも重要です。

 

光学性能を十分発揮できないと視野を狭めたり、度数の矯正効果に差異が生じたりする場合があります。

 

その結果、目に負担が掛かり、疲労につながることもあります。

 

 

 

 

【調整のしやすさ】

 

 

メガネのサイズが合っていても、子どもは大人に比べて鼻が低いためメガネはどうしてもズレやすくなります。

 

そのためフィッティングしやすいフレーム(クリングス付き)を選ぶことが大切です。

 

また、メガネ作製後に、掛け具合の調節や曲がり直し、歪み直しといったメンテナンスをしっかりと行っているメガネ店を選ぶことも重要です。

 

アフターフォローに力を入れているメガネ店であれば、基本無償でメンテナンスをしてくれます。

 

 

 

【丈夫で軽い】

 

 

 

子どもがメガネを破損させるリスクはかなり高いです。振り回す、ぶつける、踏む、投げる等々、、、。

 

また、フレームが重いと下がりやすく疲れるので、使いにくいものになってしまいます。

 

そこで子どものメガネは、特に丈夫で軽量でなくてはいけません。

 

フチなしタイプ(ツーポイント)やナイロン糸で固定するタイプ(ナイロール)は軽く見えてスタイリッシュですが、何かに当たった時などに破損・変形しやすいといった注意点があります。

  

おすすめは、フルリムタイプです。

 

 

フレームを選ぶ上で、デザインはもちろん大事ですが、お子様の安全を考えたメガネを作製することが最も大切なことです。

 

 

 

 

 

【お気に入りであること】

 

 

 

毎日装用するものですから、装用する本人が納得し、気に入って付けられるものでなくてはいけません。

 

“メガネを掛けたら、お友達に何か言われるのではないか”と心配されるご家族もいらっしゃるかもしれません。

 

今は、昔と比べると子ども用メガネでもデザイン性の高いものがたくさん取り揃えられています。

 

かわいい・かっこいい・お気に入りのデザインを選ぶことはとても大事です。

 

お洋服や大好きなおもちゃを選びに行くような気持ちで、素敵なメガネを選んでみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

  レンズ選び

 

 

 

 

子ども用メガネの場合は、度数とお気に入りのフレーム、そして使用用途に合わせた最適なレンズ選びが必要になります。

 

様々な種類のレンズがございます。

 

ここではぜひ取り入れていただきたいおすすめポイントを2点お伝えいたします。

 

 

 

 

 子ども視力検査.jpg

 

 

 

 

防傷レンズ】

 

 

最近のメガネレンズのほとんどがプラスチック製です。

 

軽くて割れにくいのですが、子ども用の場合は特にキズに強いキズ防止コート付きがお勧めです。

 

 

 

 

【度数が強い場合は、できるだけ薄型に】

 

 

子ども用のレンズは、できるだけ厚みを抑えた方が適正です。

 

見た目はもちろんですが、厚いレンズは重さも出てきます。

 

フレーム選びの部分でも触れましたが、重いメガネはズレやすくなります。

 

近視の場合(凹レンズ)コバ厚4ミリ以内、遠視の場合(凸レンズ)は中心厚が薄くなる薄型加工を施すのが理想的です。

 

子どもの視力は短い期間でも変化します。

 

手間と感じるかもしれませんが、その時々に最も合った度数のメガネを掛けることは大切です。

 

もちろんメガネを作製するためには、予算がありますので、機能面の希望をしっかりと伝え、予算額に合った最適なメガネを作製するようメガネ店で相談してみてください。

 

 

 

 

 

④最後に当店より

 

 

 

 

 

 

当店は古川中央眼科の推奨店となっており、弱視治療用メガネを始め、子供用メガネのフレームやレンズは多様に取り揃えております。

 

初めてのメガネや、新しいメガネ、どのようなメガネでもお子様のご要望と負担を少しでも減らせるようなメガネ作製のお手伝いをさせていただきます。

 

しっかりとアフターサポートもしていきますので、メガネ作製をお考えの場合はぜひ当店へお越しくださいませ。

 

 


2021-04-22 16:00:00

2021sakura1.jpg

 

いつも当店をご利用いただき誠にありがとうございます。

 

誠に勝手ながら、

 5月4日()・ 5日()・ 6日(木)は、

店休とさせて頂きます

 

どうぞ、よろしくお願い致します。

 

 


2021-04-14 15:10:00

パソコンやスマホの影響で眼精疲労に悩む人が増えてきています。

近年、IT機器は仕事でもプライベートでも欠かせなくなってきている物です。

疲れるからといって、使用時間を減らすのは難しいですね。

 

そこで!今回は疲れ目をほぐしリラックスさせる

YouTuberのあべなつみさん考案の

【Eye Care Yoga】をご紹介いたします!

あべなつみさんは、プロのヨガインストラクターです。

YouTuberでもあり、当店のお客様でもあります。

 

アートボード 1.png

 

 

「ヨガで日々の暮らしをご機嫌に♪」をコンセプトにYouTubeチャンネルでヨガクラスを配信しています。

そんなあべなつみさんに、目が楽になるヨガをリクエストしたところ

なんと眼精疲労で悩んでる人向けのオリジナルのヨガを作っていただきました!

ありがとうございます><

 

 

アートボード 2.png

 

 

 eye careヨガのメニュー

  

1. パーミング

2. 目頭の指圧

3. アイホールの指圧

4. 目の下の(軽めに)指圧

5. おでこ~頭全体のマッサージ

6. 首のストレッチ

7. 後頭下筋ほぐし

8. 肩回し

9. 目のけんこう体操

10. 後頭部マッサージ

11. パーミング

 

 

【eye careヨガ】は、あべなつチャンネルで紹介されています。

 

こちらでも見れます↓

 

 

仕事の合間やスマホを見続けた後、目の疲れを感じたときなどがおすすめです。

 

ちなみに私は、お風呂上りにやってみました。

1番[パーミング]5番[おでこ~頭全体のマッサージ]のメニューがお気に入りです。

目の奥の筋肉がフワフワフワ~と解放?されていくような感じがしました!

座りながら場所を選ばずできるのですごくいいなぁと思います。

 

 

興味のある方はぜひお試しください♪

 

 

 

 


2021-04-05 12:00:00

普段はお馴染みの眼鏡店で洗浄してもらっている方が多いと思いますが、

最近は、コロナ禍で気軽に眼鏡店に行けないよ〜という方も増えています。

特に宮城は今・・・。

以前は超音波洗浄機を店先に出していたメガネ屋さんも見かけましたが、

全く見なくなりましたね。

 

 shutterstock_1680966736 (1).jpg

 

 

そうなると、ご自分で毎日お手入れしている方でも、メガネの汚れが気になりますよね。

実際、水道水だけで洗う場合と、超音波洗浄機で洗う場合とでは、仕上がりが全く違います。

 

そこで、

 

家庭用超音波洗浄器を使ってお家で、お気軽にお掃除してみませんか?

 

 超音波の力で驚くほどきれいに洗浄します。

普段のお手入れでは落ちにくい皮脂や油汚れ、ネジ周りや隠れた部分の汚れもすっきり落とせます。

超音波洗浄器なら汚れが簡単に落ちますので、レンズをゴシゴシこすって傷つける心配はありません。

 

さらに嬉しいのは、アクセサリーや時計、日用小物類の洗浄も出来ます。

アクセサリーホルダーと洗浄かごが付いており、 腕時計の金属ベルトやネックレスの鎖部の洗浄に大変便利ですよ。

腕時計のムーブメント部は水に沈めず、ベルトを洗うことができます。

一家に一台あれば、家族みんなで使えますし、アクセサリーも洗浄できるなんて一石二鳥ですよね!

 

 

 ☆超音波洗浄器の詳細はこちら

 

 アートボード 2.pngアートボード 1.png

 

<特徴>

・超音波でミクロの汚れをはじき出す

・「ボタンをおすだけ」の簡単操作

・安心の自動停止(3分で自動オフ)

・保護回路(サーモスタット)内蔵で過熱を防ぐ

・時計ホルダー付き

(時計の金属バンド、入れ歯、貴金属などの洗浄も可能です)

 

 

 お店で分解洗浄を致します!

 

当店では、超音波洗浄器の洗浄だけでは取れない汚れも、

ご希望があれば、プロの手で分解し隅々まで洗浄致します。

お気軽にお声がけください!

メガネをキレイにして、新年度を新たな気持ちで迎えたいですね。

 

 

 


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...