感染症対策について

調光レンズ

目次

調光レンズとは?

調光レンズは、
紫外線量によってレンズのカラーが変わりるレンズです。


紫外線は肌にダメージを与えるという事は常識となっていますが、
眼にもダメージを与えるという事をご存知ですか?

肌の紫外線対策をする方は非常に多いのですが、
眼の紫外線対策をなさる方は、まだまだ少ないように感じます。

さらに、最新の研究結果から、紫外線の波長に近い
「短波長域の可視光線」 も眼にダメージを与えるのではないかと指摘されています。

そこで地域の皆様の 「眼を守る」 「眼の健康」 というコンセプトで眼鏡専門店がお薦めしたいのが「調光レンズ」。

もはや一昔前のように、まぶしさを和らげるだけのサングラスでは眼の健康維持は出来ません。
調光レンズを常用メガネとして上手に使って、有害な紫外線から眼を守りましょう。

紫外線の基礎知識

紫外線は人の眼に見える可視光線より短い波長を持ち、光のスペクトルで紫の外側 (英語でultraviolet = 紫を超えたの意味 = 略してUV) の為に紫外線と呼ばれるようになりました。

また、波長により近紫外線 (波長380~200 nm)、遠紫外線 (200~10nm)、極紫外線 (10~1nm) に分類され、さらに人体や環境への影響の観点から近紫外線を3つに細かく分類しています。

「UV-A」(315~380nm・サンタン)
大部分が地球に降り注ぎ、皮膚のたんぱく質を変性させることで有名です。UV-Bによって生成されたメラニン色素を酸化させて褐色に変化させることも知られています。
眼に関しては、長時間浴びると白内障や黄斑部障害の原因になると言われています。

「UV-B」(280~315nm・サンバーン)
オゾン層で大部分がカットされますが数%は地球に届き、色素細胞にメラニンを生成させます。角膜炎や皮膚ガンの原因になると言われています。

「UV-C」(200~280nm)
オゾン層でカットされるので地球上には届きません。ただし、近紫外線の中で生体に対する破壊性は最も強く、オゾン層破壊による問題は深刻です。

紫外線対策に、なぜ調光レンズを奨めるの?

調光レンズは、屋外に出て紫外線を浴びるとレンズの色が 「薄い」 ⇒ 「濃い」 に変化(発色)します。
また逆に、紫外線に当らない室内に入ると、レンズの色は 「濃い」 ⇒ 「薄い」 に変化(退色)します。

紫外線に当ると発色       室内に戻ると退色

お奨め理由

調光レンズの特性を利用すれば、一本のメガネで室内でも屋外でも使えるので

  1. わずらわしい掛け替えが無く便利 
  2. わずらわしい掛け替えが無く便利 
  3. 紫外線から眼を守れる  

実際にご旅行やお出掛けの時はサングラスをご利用いただく方が多いのですが、ちょっとしたお買い物や犬の散歩程度では掛け替えが面倒という方が多く、また、サングラスを持って歩くという煩わしさもあり、普段からメガネを掛けている方ほどサングラスを利用しない方が多いようです。

ですので、普段からメガネを使っている方に、調光レンズでメガネを作る事をお薦めしたいのです。

長所と短所をまとめました

長所

  • 一本のメガネで掛け替える必要が無く眼を守れます。
  • まぶしさを軽減する事で、眼の疲れを和らげてくれます。
  • 紫外線量に応じてレンズ濃度が変化し、眼に入る光を自動調節します。
  • 紫外線をほぼ100%カットします。
  • ガラスレンズと比べ、レンズの厚みによる濃度差(色むら)が出ません。
  • ガラスレンズより変化スピードが速くなりました。
  • 軽量で割れにくいので安全度もアップしました。
  • お洒落なフチ無しメガネも作れます。
  • 薄く発色する女性らしいお洒落なレンズが作れます。
  • 色の濃さでお悩みの場合は、調光レンズがお薦めです。
  • 濃く発色するレンズはサングラスとしてのご利用がお薦めです。
  • 近紫外線と言われる短波長の可視光線もカットします。
    (ミスティブルーのみ紫外線はカットしますが、短波長の可視光線はカットしません)

短所

  • プラスチックレンズですので、キズには気をつけてください。 
  • レンズ前面にキズやコートの剥離が発生すると、その箇所は調光機能が失われます。 
  • 気温が高いと色が濃くなりません。逆に気温が低いと色は濃くなります。 
  • 温度が高い真夏は、サングラスとしての利用はお薦めできません。 
  • 使用環境(気温・天候・紫外線量)によって、濃度変化および色調変化が異なります。 
  • 経年変化で、徐々に色が発色・退色しなくなります。 
  • 経年変化が起こりますので、片玉受注はお受けできません。 
  • 調光機能を前面にもたせておりますので、裏面から紫外線を受けても発色しません。 
  • 最近の車のフロントガラスは紫外線カット加工が施されている為、運転時など、車中ではレンズが変化しないことが多くあります。
  • 濃くなった状態から淡く戻るまでに多少の時間がかかります。 
  • トンネル内や屋内駐車場などの暗い場所や、夕暮れ時の運転には不適当です。 
  • 発色した状態でケースに保管しますと色が残りますが、再度紫外線を受けますと元に戻ります。 

実際に調光レンズを見てみたい方は、お気軽にお越し下さいませ。
★偏光レンズについてはこちら ★遮光レンズについてはこちら

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる